Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第7話 会稽州曹娥恋父入江死自亦身投江語 第七

今昔、震旦の会稽州に曹娥と云ふ女人有けり。其の父、管絃を好て、其の事を翫ぶを以て、常の事とす。常に、友に引かれて、家を出て、遊戯す。

而る間、曹娥が父、管絃の女人等に引かれて、江に行て、船に乗て、水に浮て遊ぶ間、俄に船漂て、江に入ぬ。然れば、曹娥が父、并に船の内の人、皆江に入て死ぬ。浮び出る骸無し。

其の時に、曹娥が年、十四歳也。此の事を聞て、江の臨て、父を恋泣き悲む事、七日七夜。音を挙て叫ぶ。其の音、絶えず。然而も、其の骸をも見る事を得ず。

遂に、曹娥、七日に至て、自ら衣を脱て、誓て云く、「我れ、若し、父の死骸を見るべくば、当に此の衣を此の江に投入れむに、沈むべし。然らずば、沈むべからず」と云て、江に衣を投入れば、即ち、其の衣沈みぬ。其れを見て、曹娥、亦、自ら身を江の中に投つ。

然れば、子有て、父母の死せるを恋悲む事、常の事也と云へども、命を棄つる事は有難し。然れば、此れを見聞く人、且は曹娥を哀び、「此れ奇異の事也」と思ふ。亦、其の県の令、此の事を聞て、「奇異也」と思て、曹娥が為に、其の所に碑文を立てて、永く其の孝の深き事を示しけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku9-7.txt · 最終更新: 2017/01/24 12:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa