Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第5話 会稽州楊威入山遁虎難語 第五

今昔、震旦の会稽州と云ふ所に、楊威と云ふ人有けり。幼少にして、其の父、死けり。然れば、母と共に家に有て、母に孝養する事限無し。楊威、身、極て貧くして、孝養の志し深しと云へども、懃(ねんごろ)に供給し難し。

而る間、楊威、山に入て、薪を採て、母に孝せむと為るに、山にして、忽に虎に値ぬ。虎、楊威を見て、既に害してむとす。

其の時に、楊威、虎の前に跪て、泣き悲て云く、「我れが家に老母有り。我れ、独を以て衣食と怙(たの)めり。亦、養ふ子無し。若し、我れ無くば、母、必ず餓へ死なむとす。願くは、虎、慈悲を発して、我を害し給ふ事無かれ」と。其の時に、虎、楊威が言を聞て、目を閉ぢ、頭を低(た)れて、棄てて去にけり。

楊威、家に帰て思はく、「今日の虎の難を遁たる事、偏に孝養の心深きに依て、天の助けを得たる也」と思て、弥よ老母に孝養せる事、愚かならず。

此れを聞く人、皆、「畜生なれども、孝養を哀(あはれび)て、害せずして、棄て去る也けり」と、讃め哀けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku9-5.txt · 最終更新: 2017/01/22 16:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa