Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第46話 三人来会樹下孝其中老語 第卌六

今昔、震旦の□□代に、三人の人、各家を棄て、郷を離れて、自然(おのづから)一の樹下に至り合て、共に宿せり。

一人の人、問て云く、「汝達は、何の人の、何れの国へ行くぞ」と。然れば、皆、同答へて云く、「命を助けむが為に、家を離れて、流浪する也」と。「然れば、我等三人は、皆、前の世の契り有て、此の如く来り合へる也」と云て、深き契を結び、永き昵を成しつ。

然れば、其の中に年老たるを父とし、若き二人をば子として、其の父に供給する事限無し。求め得たる物をば、彼れ此れ別たずして、此の父に孝養する事、実の父母にも勝たり。

而る間に、父、「子共の心を試む」と思て、二人の子に語て云く、「我れ、『河の中に屋を起てて、居所とせむ』と思ふ」と。二人の子、此れを聞てより後、一の河に土を運て入ると云へども、流れて、更に留まらず。

三年を経て、此の如く運ぶと云へども、埋み成す事を得ず。其の時に、二人の子、歎て云く、「我等、実に不孝の身と成ぬ。父の命に叶はず」と云ひ歎て、寝たる夜の夢に、一人の人来て、壌(つちく)れを取て、河の中に投入ると見て、夢覚ぬ。

明くる朝に、見れば、河の中に土を埋ぬる事、数十丈、其の上に1)騒ぎ来て見る事限無し。

孝養の志の実なるを知て、天神、感応を垂て、一夜の内に、河の上に岳を築て、若干の屋共を起てて、父を居しめたる也。此れを聞て、誉め貴ばずと云ふ事無し。

実の子に非ずと云へども、心を至せば、天の感、必ず有り。況や、骨肉を受たらむ父の為に、孝養せむ徳を思遣るべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
鈴鹿本、「其の上に」に続き「屋を起たる事、数十宇也。此れを見聞く人、「奇異也」と思ひて、」と続く
text/k_konjaku/k_konjaku9-46.txt · 最終更新: 2017/03/07 18:32 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa