Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第44話 震旦莫耶造釼献王被殺子眉間尺語 第卌四

今昔、震旦の□□1)代に莫耶と云ふ人有けり。此れ、鉄の工也。

其の時に、国王の后、暑さに堪へずして、常に鉄の柱を抱き給ふ。而る間、后、懐妊して産せり。見れば、鉄の精を生たり。

国王、此の事を怪び給ひて、「此れは何なる事ぞ」と問給へば、后の云く、「我れ、更に犯す事無し。只、暑さに堪へずして、鉄の柱をなむ、常に抱きし。若し、其の故に有る事にや」と。国王、「其の故也けり」と思給て、彼の鉄の工、莫耶を召して、其の生たる鉄を以て、宝の釼を造らしめ給ふ。

莫耶、其の鉄を給はりて、釼を二つ造て、一をば国王に奉つ。一をば隠して置つ。国王、其の莫耶が奉れる所の、一の釼を納めて置き給たるに、其の釼、常に鳴る。

国王、此れを怪び給て、大臣に問給ふ。「此の釼の鳴る、何なる事ぞ」と。大臣、申して云く、「此の釼の鳴る事は、必ず様有べし。此の釼、定めて夫妻二つ有らむか。然れば、一を恋て鳴る也」と。

国王、此れを聞て、大きに嗔て、忽に莫耶を召して、罪に行はむと為るに、未だ其の召使の莫耶が所に至らざる前に、莫耶、妻に語て云く、「我れ、今夜、悪相を見つ。必ず、国王の使来ぬ。我れ、死せむ事、疑ひ無し。汝が懐妊する所の子、若し男子ならば、勢長の時に、『南山の松の中を見よ』と語るべし」と云て、北の門より出て、南の山に入て、大なる木の中に隠て、遂に死にけり。

其の後、妻、男子を生ぜり。其の子、十五歳に成る時に、眉間一尺有り。然れば、名を「眉間尺」と付たり。母、父の遺言を具に語る。子、母が教への如く行て、見れば、一の釼有り。此れを取て、「父の敵を報ぜむ」と思ふ心有り。

而る間に、国王、夢に見給ふ様、眉間一尺有る者、世に有て、謀叛して、我れを殺害せむとすと。夢覚て、恐ぢ怖れて、即ち四方に宣旨を下して、「世に眉間一尺有る者、定て有らむ。其れを捕へて奉れ。若は、其の頸を取て奉らむ者には、千金を与へ、賞を給ふべし」と。

其の時に、眉間尺、此の事を自然(おのづから)に聞て、逃げ隠て、深き山に入ぬ。宣旨を奉たる輩は、足手を運て、四方に伺ひ求むる間、眉間尺、山の中にして、此の使に会ぬ。使、見るに、眉間一尺有る者有り。喜て、問て云く、「君は眉間尺と云人か」と。答て云く、「我れ、然也」と。使の云く、「我等、宣旨を奉はりて、君が頭と持たる所の釼とを尋る也」と。其の時に、眉間尺、自ら釼を以て、頭を斬て、使に与へつ。使、頭を得て、返て、国王に奉る。国王、喜び給て、使に賞を給ふ。

其の後、眉間尺が頸を使に給て、「速に此れを煮失ふべき也」と仰せ給ふ。使、仰の如くに、其の頭を鑊(かなへ)に入れて、七日煮るに、全く乱れず2)。其の由を奏すれば、国王、怪び給て、自ら鑊の所に行て、見給ふ間に、国王の頭、自然に落て、鑊の中に入ぬ。二の頭、咋(くひ)合ひ諍ふ事限無し。使、此れを見て、「奇異也」と思て、眉間尺が頭を弱らしめむが為に、釼を鑊の中に擲(な)げ入る。

其の時に、二の頭、共に乱ぬ。使、亦、鑊の中を見る間に、亦、使の頭、自然ら落て、鑊の中に入ぬ。然れば、三の頭、交り合て、何と云ふ事を知らず。

此れに依て、一の墓を造て、三の頭を葬(はふり)してけり。其の墓、于今、□春県3)と云ふ所に有となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「代ノ上一本楚ノトアリ」
2)
底本頭注「乱一本変ニ作ル」
3)
底本頭注「春ノ上宜トアルベシ」
text/k_konjaku/k_konjaku9-44.txt · 最終更新: 2017/03/07 16:07 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa