Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第42話 河南人婦依姑令食蚯蚓羹得現報語 第卌二

今昔、震旦に、隋の大業の代に、河南と云ふ所に有りける人の婦、其の姑を養ふに、強に姑を憎みけり。其の姑、二の目盲(しひ)たり。

婦、強に姑を憎むに依て、蚯蚓を切て羹として、姑に食はしむ。姑、此れを食て、其の味を怪むで、密に其の臠(ししむら)を隠し置て、子の来れるに見しめて云く、「来れ、汝が妻の、我に食はしめたる物也」と。

子、此れを見て、「此れ、蚯蚓を羹にしたる」と知て、忽に其の妻と別れ、既に妻の本の家に送らむと為る程に、未だ県に行着かざる間に、俄に雷震有り。

其の時に、具せる所の妻、忽に失ぬ。夫1)、此れを怪び思ふ程に、暫く有て、空より落る者(も)の有り。見れば、着たる所の衣は、妻の本着たる所の衣也。其の身、亦本の如く也。其の頭は替て、白き狗の頭と成れり。其の詞、狗に異らず。

夫、其の故を問ふに、妻、答て云く、「我れ、姑の為に、不孝にして、蚯蚓の羹を食はしめたるに依て、忽に天神の罰(つみ)し給ふ所也」。其の事を聞き畢て、妻を家に送つ。家の人、「奇異也」と思て、其の故を問ふ。夫、其の旨を答へけり。

其の後は、妻、市に出でて、人に物を乞て、世を過しけり。後に在所を知らず。

此れを以て思ふに、女、愚痴にして、此の如くの悪を造る事有り。現報を得る事、此の如し。「設(たと)ひ、現罰無しと云ふとも、天神、皆憎み給ふ事」と知て、悪心を止めて、善を修すべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「夫ノ上諸本其ノトアリ」
text/k_konjaku/k_konjaku9-42.txt · 最終更新: 2017/03/05 13:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa