Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第4話 魯州人殺隣人不負過語 第四

今昔、震旦の魯州に、兄弟二人の人有けり。一人は母が子也。一人は父が子也。

其の父が子、幼少にして、父母共に死けり。然れば、弟が母に、弟と共に孝養す。母が子の、母に孝養せむは裁(ことはり)也。父が子、継母に孝養する事、実の母にも勝たり。

而る間、隣の家の人、酒に酔て、其の家に来て、其の母を罵り恥かしめむ。其の時に、此の二人の子、此れを聞て、此の罵る人を咎めて打つ程に、既に打ち殺しつ。子共、犯す所の罪重しと云へども、母を思ふに依て、逃げずして、門を開て、家に有り。

而る間、官の使来て、此の二人の子を捕へ殺さむと為る時、兄、使に云く、「此の事、我が犯す所也。速に、我れを殺さるべし。弟は其の過無し」と。亦、弟の云く、「兄は更に殺す事無し。此れは、我が殺せる所也。然れば、我れを殺さるべし」と。此の如き、互に命を失はむ事を譲り云ふ。

使、此の事を聞て、怪び思て、忽に此の罪を定めむ事能はずして、帰て、国王に此の由を奏す。国王の宣はく、「其の母を召して、問はるべき也」とて召すに、即ち召しに随て、母参りぬ。問て云く、「汝が子共、何事に依て、忽に命を失はむ事を、互に譲て、命を惜しまざるぞ」と。母、答て云く、「此の咎、只妾が身に有り。妾が子を教て、殺さしめたる也」と。

国王の宣はく、「罪法限有り。汝ぢ、子の罪に代らむと云ふ事、有るべからず。只、其の子二人を殺すべし。但し、一人を殺して、一人を免すべし。汝ぢ、何れの子をか愛し、何れの子をか悪1)む」と。

母、申して云く、「此の二人の子の中に、弟は妾が子也。兄は父が前の妻の子也。其の父、死し時、妻と有りしに依て、妾に語て云く、『此の我が子は母無し。我れ亦死なむとす。独身にして、憑む所有らじ。我れ、死する時に臨て、此の事を思ふに、心安からず』と云ふ。妾、答て申す様、『我れ、汝ぢが言に随て、此の子の為に、愚に無くして、母が如くならむ。汝ぢ、此の事に依て、思ひを留むる事無かれ』と。父、此の言を聞て、喜て死にき。然れば、『其の言を誤たじ』と思ふに依て、妾、我が子を殺して、父が子を免さむと思ふ也」と申す。

其の時に、国王、母が言を聞て、契を忘れざる事を哀び感じて、皆免し給ひつ。母、亦喜て、二人の子を引具して、家に帰りにけり。

「実に約を違へずして、我が子を殺して、継子を免さむと思ふ心、有難し」となむ、聞く人、皆哀び讃めけるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku9-4.txt · 最終更新: 2017/01/22 16:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa