Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第33話 震旦大史令傅奕行冥途語 第卅三

今昔、震旦の□□代1)に大史令として、傅奕と云ふ人有けり。大原の人也。隋の末の比、扶風に随て、幼少にして、学博し。天文・暦数に吉く達(いた)り、心、聡弁にして、吉く劇談する事、人に勝れたり。

而るに、此の人、心に仏法を信ぜず。常に僧尼を敬はず。或る時には、石の仏像を見付ては、塼・瓦の用とす。而るに、貞観十四年と云ふ年の秋、傅奕、暴に病を受て死ぬ。

傅奕、初め大史令として、仁均と云ふ人、薛賾と云ふ人と共に、大史令として有る間、薛賾、先に仁均に、銭五千を負せたり。未だ其れを償はずして、仁均、死ぬ。其の後、薛賾、夢に仁均を見る。物語する事、生たりし時の如し。薛賾、先きに負せたる銭の事を問て云く、「此れ、誰にか付たる」と。仁均が云く、「泥人2)に付くべし」。薛賾が云く、「泥人と云は、此れ誰人ぞ」と。仁均が云く、「泥人と云は、太史府の令也」と云ふと見て、夢覚ぬ。

此の夜、少府監、馮の長命と云ふ人、亦夢に見る。我れも一所に有て、前に死せる人を見る。長命、問て云く、「経の文に、罪福の報を説く。未だ其の事を知らず。是、定て有りや」と。其の人、答て云く、「此れ、皆有り」と。亦、問ふ、「経の文に罪を説く、傅奕が如くは、生たりし時、仏法を信ぜず。死て後、何なる罪をか受べき」と。其の人、答て云く、「罪福、定て其の報有り」と云ふと見て、夢覚ぬ。其の後、傅奕、既に越州に配せられて、泥人と成る。

長命、殿に入て、薛賾を見て、具に夢の事を説語るに、薛賾、亦、自ら泥人の事を語る。二の人、夜暗に相ひ会り。共に此れを歎く。

薛賾、銭を傅奕に付く。傅奕、其の夢を聞て後、数日を経て、死せる也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「代ノ上唐ノトアルベシ」
2)
『冥報記』など「泥犂人」。「泥犂」は地獄の意。
text/k_konjaku/k_konjaku9-33.txt · 最終更新: 2017/02/25 13:56 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa