Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第3話 震旦丁蘭造木母致孝養語 第三

今昔、震旦の□□1)代に、河内に丁蘭と云ふ人有けり。幼少なりける時に、其の母亡じにけり。

十五歳に成る時に、丁蘭、母の形を恋て、工を語(かたらひ)て、木を以て母の形を造らしめて、帳の内に置て、朝暮に供給する事、生たらむ時の如く也。実の母に異らず。朝に出行くとても、帳の前に行て、出づる由を告げ、夕に還り来ても、還れる由を語る。今日有つる事を必ず云ひ聞かしむ。惣べて、世の事語らずと云ふ事無し。

此の如く、懃(ねんごろ)に孝養して、緩(たゆ)まずして、既に三年を経ぬるに、丁蘭が妻、悪性にして、此の事を憎しく悪く思ひけり。

而る間、丁蘭が外に行たる間に、妻、火を以て、木の母の形を焼く。丁蘭、夜に入て、帰来て、木の母の顔を見ず。其の夜、丁蘭が夢に、木の母、自ら丁蘭に語て云く、「汝が妻、我が面を焼く」と。

夢覚て、怪み思て、明る朝に行て見れば、実に、木の母の面、焼たり。此れを見て後、丁蘭、其の妻を長く悪むで、寵する事無し。

亦、隣の人有て、丁蘭に斧を借る。丁蘭、木の母に此の事を申すに、木の母の喜ばざる気色を見知て、斧を借さず。隣の人、大に忿て、丁蘭が外に行たる隙を伺て、大刀2)を以て、木の母が一の臂を斬る。血流れて地に満てり。丁蘭、帰来たるに、帳の内に痛む音聞ゆ。驚て、帳の内を引き開て見れば、現に赤き血、床の上に流れたり。怪で、寄て見れば、木の母の一の臂、斬り落されたり。

丁蘭、此れを見て、泣き悲て、「此れ、隣の人の所為也」と知て、即ち行て、隣の人の頭を斬て、母の墓に祭る。

其の時に、国王、此れを聞き給て、其の罪を行ふべしと云へども、孝養の為と有るに依て、其の罪を問はずして、丁蘭に禄位を加へたり。

然れば、堅き木也と云へども、母と思て、孝養を至せば、天地、感有り。亦、血、木の中より出づ。孝の重きが故に、殺罪、返て喜び有り。然れば、孝養の貴き事、永く伝て朽ちずとなむ、語り伝へたるとや。

1)
漢が入るべきところ
2)
底本頭注「大刀諸本太刀ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku9-3.txt · 最終更新: 2017/01/21 17:47 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa