Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第26話 震旦隋代李寛依殺生得現報語 第廿六

今昔、震旦の隋の上□□1)国に、蒲山の恵公李の寛と云ふ人有けり。此の人の性、本より田猟を好て、常に鷹を仕ふを以て業とす。鷹数十を養ふ間、昼夜朝暮に生命を殺すを以て役とす。

而る間、此の人の妻、懐妊せり。月満て、既に産するを待つ程に、男子を生ぜり。其の子の口を見れば、鷹の嘴2)(くちばし)也。此れを見て、父、「此れ片輪者也」とて、其子を遂に挙げずして棄てつ。

此れ、偏へに、年来の殺生の咎に依て、現報を致せる故に、鷹の嘴を具せる男子を生ましめたる也となむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「上ノ下柱トアルベシ」
2)
底本異体字「𠿘」
text/k_konjaku/k_konjaku9-26.txt · 最終更新: 2017/02/13 22:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa