Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第25話 震旦隋代天女姜略好鷹感現報語 第廿五

今昔、震旦の隋の代に、鷹揚郎将として、天女1)の姜略と云ふ人有けり。若くして田猟を好むで、吉く鷹を放つを以て常の遊びとす。

而る間、姜略、身に重き病を受て、苦しび痛む事限無し。病に臥し乍ら、夢の如くに見れば、諸の鳥有り。其の員、千許也。皆、其の頭無し。姜略が臥たる床を囲(めぐ)り繞て、鳴き合へるを聞けば、「忽ちに、我等が頭を返せ、返せ」と。其の時に、姜略、頭を痛む事限無くして、遂に気絶ぬ。

活(いきかへり)て、語て云く、「諸の頭無き鳥、来集て、『我れに頭を得しめよ』と乞ふ。我れ、頭を返す事能はずして、『彼等が為に、追て善を修せむ』と請つれば、諸の鳥、此れを聞て、皆許して去ぬれば、我が病、既に止ぬ」と云て後、愈る事を得たり。

其の後、姜略、彼等が為に、専らに善を修しけり。亦、永く殺生を止めつ。遂に命終るまで、酒肉を断じて、生命を殺す事無し。常に善根を修しけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「天女ハ天水ノ誤カ下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku9-25.txt · 最終更新: 2017/02/13 19:40 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa