Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第21話 震旦代州人好畋猟失女子語 第廿一

今昔、震旦の隋の開皇の末の比、代州の人、姓は王也。公に使へて、驃騎の将軍と成れり。亦、荊州1)の鎮守に有り。此の人、性、本より畋猟を好て、朝暮に生命を殺すを役とす。殺せる所の物多くして、員を知らず。

此の人、男子五人有て、女子無し。後に、適ま一人の女子を生ましめたり。其の女、形ち美麗にして、絵に書ける者の如し。然れば、父母より始て、見る人、皆寵愛する事限無し。

而るに、父母、此の女子と共に、荊州より本の郷里に帰れるに、里の人、親しき族(やか)ら、微妙の着物を作て、持来て、此の女子に着しめて、共に愛し養ふ。何況や、父母の此れを愛し養はむ事、裁(ことわ)り也。

而るに、此の女子、七歳に成る時、何くに行とも無くて、忽に失ぬ。父母、驚き騒て、尋ね求むるに無し。初は、「隣の里に戯れに隠れたるか」と疑ふ。後は、遠く心の及ぶに随て、尋ね求むと云へども、更に在所を知らず。惣べて、「見たり」と云ふ人無し。然れば、父母、歎き悲む事限無し。五人の兄有て、馬に乗て、遠く近く行て、此れを求むるに、遂に会ふ事無し。

而るに、家を去事、三十余里に、蕀(いばら)の中に此の女子を見付たり。怪むで、近く寄て見れば、正く此の児也。喜むで、寄て抱かむと為るに、児、驚き走て、遠く逃げ去て、抱き得る事無し。馬を馳せて追ふに、追着かず。然れば、兄等、及び多の人、馬に乗りつつ、打ち囲て、女子を捕へつ。女子、口の中より音を出す。兎の鳴く音に似たり。既に、抱き取て、家に帰ぬ。

而るに、更に言語する事無くして、身悉く蕀に刺し傷れたり。母、此れを見て、泣々く、其の蕀の立たる針を抜く。

而る間、此の女子、一月余、更に飲食せずして、遂に死ぬ。父母、悲み歎くと云へども、力及ばず。「此れ、偏に年来の殺生の過(とが2))也」と思て、其の後は、年来の殺生の罪を悔ひ悲て、長く殺生を止めて、家挙て戒を持し、善を行じけり。

此れを以て思ふに、「殺生の罪は、現報を感ずる也」知るべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「荊ハ蒲ノ誤カ下同ジ」
2)
底本「ガト」誤植とみて訂正
text/k_konjaku/k_konjaku9-21.txt · 最終更新: 2017/02/09 19:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa