Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第20話 震旦周代臣伊尹子伯奇死成鳴報継母怨語 第二十

今昔、震旦の周の代に、伊尹1)と云ふ大臣有けり。一人の男子有り。伯奇と云ふ。形貌端正也。其の母の死て後、伊尹、他の妻に嫁(とつぎ)て、其の継母、亦、一人の男子を生ぜり。

伯奇、童子の時、継母、此れを憎み悪2)む事限無し。或る時には、蛇を取て瓶に入て、伯奇に持たしめて、継母が子の小児の所へ遣る。小児、此れを見て、恐(おぢ)怖れて、泣き迷て、音を高くして叫ぶ。

其の時に、継母、父の大臣に告て云く、「伯奇、常に我が子の小児を殺さむとす。君、此の事を知らずや。若し、此れを疑はば、速に行て、其の実否を見るべし」と云て、瓶の中の蛇を見しむ。父、此れを見て云く、「我が子伯奇、幼しと云へども、人の為に悪き事を未だ見えず。豈に此れ僻事ならむ」と。

其の時に、継母の云く、「君、若し此の事を信ぜずば、伯奇が所為を慥に見しめむ。我れと伯奇と、後の薗に行て、菜を採(つま)む。君、木の陰より見るべし」と云て、継母、密に蜂を取て、袖の内に裹み持て、薗の中に伯奇と共に行て、菜を採て遊ぶ間、継母、俄に地に倒て云く、「我が懐に蜂有て、我を螫す」と。伯奇、此れを見て、継母の懐を捜て、蜂を揮(はら)ひ捨てつ。

父、此の事を見て、遠き間にて、継母の音をば聞かずして、「伯奇、謀の心ろ有けり」と信じつ。

継母は起て、家に帰て、父に云く、「君、見つや」と。父の云く、「慥に見つ」と云て、伯奇を召て云く、「汝は我が子也。上には恐り、下は地に恥づ。汝ぢ、継母を犯さむと為るや」と。伯奇、此の事を聞て、諍ふと云へども、父、更に信ぜず。

然れば、伯奇、思はく、「我れ、誤たずと云へども、継母の讒謀に依て、父、此れを深く信ず。只如かじ、我れ自害を為む」と。人有て、此れを聞て、哀て、伯奇に教へて云く、「君、罪み無くして徒に死なむよりは、如かじ、只他国に逃げ行て住せよ」と。

而る間だ、伯奇、遂に逃げ去ぬ。父、猶此の事を思惟するに、「継母の讒言ならむ」と疑ひ思ふ間、伯奇、逃げ去る由を聞て、驚き騒て、車に乗て、馳せて、伯奇を追ふ。川の有る岸に至て、其の津に有る人に、父、問て云く、「此より童子や過つる」と。其の人、答て云く、「形貌美麗なる児、泣き悲むで、此の河を渡る間、河の中に至て、天に仰て、歎て云く、『我れ、慮はざる外に、継母の讒言に依て、家を離て流浪す。行き着む所を知らず』と歎て、即ち河の中に身を投て死ぬ」と。父、此れを聞て、心騒ぎ肝迷て、泣々く悔ひ悲む事限無し。

其の時に、一の鳥、飛て父の前に来る。父、此の鳥を見て云はく、「此れ、若し我が子伯奇が鳥と化せるか。然らば、来て、我が懐に入れ。我れ、汝を恋て、悔る心深くして、追て来れり」と。

其の時に、鳥、即ち飛て、父の手に居て、其の懐に入て、袖より出ぬ。其の時に父の云く、「我が子伯奇が鳥と成たらば、我が車の上に居て、我れに随て、家に還れ」と。鳥、即ち車の上に居ぬ。然れば、父、家に帰て、既に家に入る時に、継母出て、此の鳥の車の上に居たるを見て云く、「此れは心悪しき怪鳥也。何ぞ、速に射殺さざるぞ」と。父、亦、継母の云ふに随て、弓を取て、鳥を射るに、其の箭、鳥の方へは行かずして、継母の方に行て、継母の胸に当て死ぬ。其の時、飛て、継母の頸に居て、両眼を啄み穿て後、高く飛て失ぬ。

然れば、死て後に、敵(かたき)を報ずる、所謂る鳴鳥は、即ち此れ也。雛(ひな)にして、継母に養はれ、長(そだち)ては、還て継母を食す。此れ、互に敵として、世々に絶えずとなむ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「伊尹ハ尹吉甫ノ誤カ下同ジ」
2)
「にく」底本異体字。りっしんべんに惡
text/k_konjaku/k_konjaku9-20.txt · 最終更新: 2017/02/08 23:09 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa