Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第16話 索冑死沈裕夢告可得官期語 第十六

今昔、震旦に、民部の尚書として、武昌公戴の索冑と云ふ人有けり。亦、舒州の別駕として、沈裕と云ふ人有けり。此の二の人、互に深き契りを成して、中善くして、年来を経る間、貞観七年と云ふ年、索冑、忽に死ぬ。

同き八年の八月に至て、沈裕、舒州に有る間に、夢に見る様、我が身、京師に有て、義寧里の南の堺を行くに、忽に、索冑、旧く弊(いやし)き衣を著て、形ち甚だ衰へたり。沈裕を見て、喜び悲ぶ。

沈裕、問て云く、「君、生たりし時、善根を修しき。死て後、今何ぞ」と。索冑、答て云く、「我れ、生たりし時、誤て、一の人を公に奏して殺せりき。亦、我れ死て後、他の人有て、一の羊を殺して、我れを祭る事有り。此の二の事の咎に依て、身の苦び、云ひ尽すべからず。然りと云へども、今、其の罪畢なむとす」と。

亦、沈裕に語て云く、「我れ、生たりし時、君と中善かりき。而るに、君、未だ官位に遇ふ事無し。我れ、心に恨みとす。但し、君、今五品の文書に依て、既に天曹に会はむとす。相ひ助けて、慶とせむ。此の故に、相ひ報ず」と、云畢ぬと見て、夢覚ぬ。其の後、沈裕、親き人に会て、此の事を語て、夢の験(しるし)有らむ事を願ふ。

而るに、其の年の冬、沈裕、京に入て、参り選ばると云へども、錮罸有て、官を得ず。然れば、沈裕、人に向て、夢の験無き由を云ふ。

而る程に、同き九年の春、沈裕、江南と云ふ所に帰なむとして行く。舒州に至るに、忽ちに詔書を奉(うけたま)はりて、沈裕に五品を授て、婺州の治中と成れり。其の時に、沈裕、夢に索冑が告げし事、違ふ事無ければ、哀れに思ふ事限無し。

然れば、生たる時、契り有り中善き人は、死て後も忘れず思ふ也けりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku9-16.txt · 最終更新: 2017/02/01 21:20 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa