Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第12話 朱百年為悲母脱寒夜衾語 第十二

今昔、震旦の□□代に、朱の百年と云ふ人有けり。幼稚の時より、孝養の心ろ深くして、専に父母に供給す。父、先に死して、母、独り家に有り。而るに、百年、家極て貧くして、一塵の貯へ無し。

而る間、百年、友と有る人の家に行く。家の主、百年が来れるに、饗を膳(そな)へて、酒を呑ましむ。百年、酒を呑て、能く酔ぬれば、家に還る事無くして、其の家に臥しぬ。

其の時、大寒の比也。夜、極て寒し。然れば、家の主、衾を取出でて、百年に覆ふ。其の時に、百年、驚き悟めて見るに、我が上に衾を覆へり。百年の思はく、「我が寒の気色を見て、家の主の衾覆へる也」と知て、即ち、衾を脱ぎ棄てて、服(き)ずして臥たり。

家の主、来て、百年が衾を脱て、服ざるを見て、怪で、百年に問て云く、「君、何ぞ、寒の夜、衾を覆へるを脱ぎ棄て、服ざるぞ」と。百年、答て云く、「我れ、寒の夜、旅に臥たり。君、其の心を知て、衾を以て、我れに覆へり。此れ、懃(ねんごろ)の志し也。我れ、専に喜ぶ所也。然れども、我が母、極めて寒くして、家に独り宿すらむ。我れ、此れを思ふに、心安からず。何ぞ、我れ、母が寒宿を知らずして、衾を覆はれて、煖にして臥さむ」と。家主、此の事を聞て、涙を流して、泣き悲むで云く、「君が孝養の心の深き事、実に有難し。我れ、深く貴ぶ」と。

夜、曙(あ)けて、百年、家に帰ぬ。母、亦、此の事を聞て、涙を流して悲む事限無し。此れを聞く人、亦、百年を讃め感じけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku9-12.txt · 最終更新: 2017/01/29 12:33 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa