Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻9第11話 震旦韓伯瑜負母杖泣悲語 第十一

今昔、震旦の宋の代に、韓の伯瑜と云ふ人有けり。幼稚なりける時、其の父死けり。

然れば、母と共に家に有て、懃(ねんごろ)に母を養ふ間、伯瑜、少しの過ある時には、母、嗔て、杖を以て、伯瑜を打て呵嘖す。伯瑜、杖を負ふに、身痛しと云へども、心に忍て、泣く事無し。此れ、常の事也。

而る間、母、既に年老ひ、身衰へて後、伯瑜を打つ時に、痛む事無し。而るに、伯瑜、杖を負て泣く。

其の時に、母、怪むで、伯瑜に問て云く、「我れ、年来、常に汝を打つに、杖を負ふと云へども、汝ぢ泣く事泣かりつ。而るに、今、何ぞ我が杖を受けて泣くぞ」と。伯瑜、答て云く、「年来は、我れ、君の杖を負ふに、身の痛しと云へども、能く心に忍て、泣く事無りつ。而るに、今日の杖を負ふに、杖の当る所強からずして、年来に似ず。『此れ、母の年老て、力の衰へて、弱く成れるが故也』と思ふが、悲きに依て泣く也」と。

其の時に、母、此の事を聞て1)、「我が杖を負ふて、痛むで泣く也」と思ふに、「我が年老て、力の弱れるを悲むで泣く也けり」と知て、母、伯瑜を哀び悲ぶ事限無し。

此れを聞く人、伯瑜が心を讃め感じけり。孝養の心の深きに依て、我が身の痛きを忍て、母が力の弱れるを悲む也けりと、なむ語り伝へたるとや。

1)
底本「此ノ事聞ヲテ」。誤植とみて訂正。
text/k_konjaku/k_konjaku9-11.txt · 最終更新: 2017/01/26 13:24 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa