Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第8話 震旦天水郡志達依般若延命語 第八

今昔、震旦の州1)の天水郡2)に一の人有けり。名をば張の志達と云ふ。此の人、本より書籍を憑て、道士の法を讃(ほ)めて、此れを信ず。敢て仏法を知らず。

其の時に、志達、親き友の家に至る。家の主有て、大品般若を書写す。志達、此れを見て、悟る事無くして、「此れは老子経也」と思て、其の書ける人に問て云く、「此れ、老子経か否や」と。書ける人、戯れに答て云く、「然也」と。

志達、「老子経也」と聞て、経を取て三行を書写するに、更に老子経に似ず。然れば、志達、「此れ、虚言也けり」と思て、忿て棄てて、起て去ぬ。

志達、其の後、三年を経て、身に重き病を受て、忽に死ぬ。一宿を経て、活(いきかへり)て、涙を流して泣き悲むで、過を悔て、彼の大品般若3)書写せし人の家に行て、泣々く語て云く、「君は我が為の大善知識也ける。今、我れ、君の徳に依て、命を延べて、活る事を得たり」。

家の主、此れを聞て、驚き怪むで、其の故を問ふ。志達、答て云く、

「我れ、死て、閻魔王の御前に参れりき。王、我が至れるを見給て宣はく、『汝、極て愚か也。邪師の道を信じて、仏法を悟らず』と宣て、即ち、一巻の書を取て開て、我が悪業を勘へ給ふに、廿余枚既に開き尽ぬ。只、半紙許り有り。其の時に、王、書を読給ふ事、暫く止て、我れを見て、咲て宣はく、『汝ぢ、既に大功徳有り。親き友の家に行て、意はず大品般若三行を書写し奉れり。此れ、限り無き功徳也。我等、昔し人間にして、般若経を修行せし力に依て、三時に苦を受る事軽く少し。汝が命、既に尽たりと云へども、此の大品般若三行を意はず書写し奉れる功徳に依て、命を増す事を得つ。然れば、人中に放ち還す。汝ぢ、速に人間に還て、専に般若経を受持して、今日我が免す恩を報ふべし』と。志達、此の事を聞くと思ふに活れり。然れば、此れ、君の恩に非ずや」と語る。親友も、此れを聞て、喜ぶ事限無し。

志達、家に還て、所有の財を投げ棄てて、大品般若八部を書写して、心を至して供養し奉つ。

其の後、八十三と云ふに、見に病無くして、命終りぬ。其の後、志達が家に留れる人、志達が書を記し置けるを見付たり。其の書に云く、「千仏来て、我れを迎へ給ふ。般若経を以て翼として、浄土に往生す」と云へり。

此れを聞く人、皆心を至して、般若を受持しけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「州ノ上脱字アラン」
2)
現在の甘粛省天水市一帯
3)
底本頭注「般若ノ下一本経ヲアリ」
text/k_konjaku/k_konjaku7-8.txt · 最終更新: 2016/11/25 01:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa