Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第7話 震旦比丘読誦大品般若得天供養語 第七

今昔、震旦の或州に一の山寺有り。一人の比丘、住しけり。大品般若1)を読誦し年来を経。

而る間、常に夜に至て、天人、比丘の所に来て、天の甘露を以て供養す。比丘、此れを受て、天に問て云く、「天上に般若有りや無や」と。天、答て云く、「天上に般若有り」。比丘の云く、「然らば、般若、天に有るには、何の故に来て、供養するぞ」と。天の答て云く、「法を敬はむが故に来れる也。亦、天上の般若は、諸天の伝へたる言也。人中の般若は、正く仏の言を証せる也。此の故に、我れ、来て供養する也」と。

比丘の云く、「天上に般若を受持する者、有りや無や」と。天、答て云く、「天には楽に着せるが故に、受持する者無し。余州にも亦無し。但し、此の閻浮提には、大乗根、熟せるが故に、善く般若を受持して、苦を離るる事を得る也」と。

比丘、亦問て云く、「般若を受持する人を守護する天人、只汝ぢ一人のみ有りや否や」と。天答て云く、「般若を受持する人を守護する天人、八十億有り。皆、人間に来下して、般若を受持する人を守護す。乃至、一句をも聞く人を敬ふ事、仏を敬ひ奉れるが如し。然れば、廃れ退する事有るべからず」となむ告げける。

此れに依て、「人有て、般若経を受持し、若は読誦し、書写せむ所には、必ず天人来て、守護せる也」と知るべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
大品般若経。摩訶般若経
text/k_konjaku/k_konjaku7-7.txt · 最終更新: 2016/11/24 22:57 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa