Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第5話 震旦并州道俊写大般若経語 第五

今昔、震旦の并州に一人の僧有けり。名をば道俊と云ふ。出家して後、一生の間、念仏三昧を修して、極楽に生ぜむ事を願ふ。更に余の行を願はず。

其の時に、同州に僧有り。名を常慜と云ふ。大きに誓ひを発して、「極楽に生ぜむ」と願ふ所作の業広くして、其の数を計り尽すべからず。亦、大般若経を書写する事、万巻に満てり。

而るに、常慜、道俊に、「専に大般若経を書写せよ」と教ゆ。道俊が云く、「我れ、偏に念仏を修して、全く余の暇無し。何(いかで)か大般若経を書写せむや」と。常慜の云く、「般若経は、此れ菩提直道往生の要須也。然れば、汝ぢ、猶此れを写すべし」と勧むと云へども、道俊、惣じて此の事を受けずして云く、「大般若を書写せずと云へども、浄土に生れむ事、自然の□□しなむ」と。

其の夜、道俊、夢に海の浜に至て、見るに、西の岸の上に、微妙に荘厳せる宮殿有り。亦、六人の天童子、船を指て、海の渚に浮べり。道俊、此の船に乗る。天童子に云く、「我れ、此の船に乗て、彼の西の岸に渡らむと思ふ」と。天童子の云く、「汝ぢ、不信也。此の船に乗るべからず」と。「何の故を以て乗るべからざるぞ」と。天童子の云く、「汝ぢ、知らずや。船は此れ般若也。若し、般若在ずば、生死の海を渡る事を得べからず。豈に彼の不退地に至る事を得むや。汝ぢ、亦設(たと)ひ船に乗る事を得たりと云ふとも、船、即ち沈みなむ」と云ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、驚き悔て、衣鉢を捨てて、大般若経を書写し奉て、心を至して供養す。其の日、紫雲、西より来たり。音楽、空らに聞ゆ。道俊、歓喜して、弥よ供養する事限無し。

此れを以て思ふに、「成仏の業、般若に離れらば、成し難し」となむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku7-5.txt · 最終更新: 2016/11/22 13:26 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa