Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第48話 震旦華州張法義依懺悔得活語 第卌八

今昔、震旦の華州の鄭県に、張の法義と云ふ人有けり。若くしては、身貧くして、礼法を知らず。

貞観十年1)と云ふ年、華州に入て、山木を伐る間、過て見れば、一の僧、巌の穴に居たり。法義、此の人を見て、寄て語ふに、日既に暮て、還る事能はずして、其の所に宿しぬ。

僧、松栢の脂の末と以て、法義に食はしむ。僧、法義に語て云く、「我れ、貧道にして、此の所に住して、久く成ぬ。世の人に知られむと思はず。然れば、汝ぢ、里に出たらむに、此に我れ住むと云ふ事を、人に語るべからず」と云ひ畢て後、法義が為に、在家に罪業有る事を説知らしめむ。「人死ぬれば、皆悪道に趣く。然れば、汝ぢ、誠の心を至して、懺悔して、罪を滅すべし」と云ひ教へて、湯を浴して、清浄成らしめて、僧の衣を脱て着せつ。

明る朝、法義、懺悔して別ぬ。法義、家に帰て後、此の事を人に語る事無し。

其の後、十九年を経て、法義が身に病を受て、忽に死ぬ。家の人、貧しきに依て、棺を儲けずして、法義が身を野の中に埋つ。□□木を以て、此れを塞げり。

而る間、法義、活(いきかへり)て、自ら木を押し開て、出でて、家に帰る。家の人、法義を持て、驚き愕(をののき)て、不審(いぶかしく)して問ふに、法義、活れる由を答ふ。法義が辞を聞て、皆喜ぶ事限無し。

法義、語て云く、

「我れ、初て死せし時き、二の人有て、我れを捕へて、空より行て、官府に至ぬ。大門を入る。亦、巷の南を巡て十里許行くに、左右に皆官曹有り。門閣、相ひ対て、其の員多し。我れ、一の曹に至て、官人を見る。

我れを捕へたる青き使者、官人に逢て云く、『此れ、華州の張の法義也』。官人の云く、『本三日を限りて、将来るべし。何ぞ、久く有て、七日なるぞ』と。使者の云く、『法義が家の犬、悪し。亦、呪師有て、呪神に打たしむ。甚だ困む』と云て、袒(かたぬ)ぎて、背を見せしむ。背、青み腫(はれ)たり。官人の云く、『汝ぢ、稽(おこた)り、過多し。然れば、各杖二十を与ふべし』と云て畢るに、血流れて、地に灑ぐ。

官人の云く、『亦、『此れ法義が過』と録せよ。録事の署(しるし)文書を発して、送て、判官に付けよ』。判官、主典を召て、法義が案を取る。案の簿、甚だ多くして、一床に盈てり。主典、法義が前に向て、披て此れを撿(かんが)ふ。其の簿、多し。朱を以て勾(かぎ)したる有り。其の勾有るに、此れを録して云く、『貞観十一年に、法義が父の禾刈(いねをから)使(し)むるに、法義、即ち、目を見張て、私に罵て、不孝也。過杖八十なるべし』。

始めて一条を録するに、法義、昔の巌の穴に居たりし僧の来れるを見る。判官、僧に立向て問はく、『何事に依て来れるぞ』と。僧の云く、『張の法義は、此れ我が弟子也。其の罪、並に懺悔し畢て、罪を滅除せり。六曹の案の中に、一の案の中に、已に勾畢たり。今、行て追て来とも、殺し畢る事無かれ』。主典の云く、『懺悔せし事は、此の案の上に亦勾畢たり。但し、目を見張て父を罵し事に至ては、此れ懺悔の後の事也』と。僧の云く、『此の如く云ば、案を取て、此れを撿へむ。善有らば、相ひ分つべし』と。

判官、主典を以て、法義を王の所に将詣らしむ。見れば、王の宮殿、大きにして、侍衛の人、数千也。僧、亦、法義に随て、王の所に至ぬ。

王、僧を見て、立向て、宣はく、『師、直に当て来れるか』と。僧、答て云く、『未だ直の次に非ざるに、弟子張の法義と云ふ者有り。録せられて来れり。其の人、宿罪有り。並に、貧道勾畢たり。未だ死には合はず』と。主典、亦、法義が見張て父を詈し事を王に申す。

王の宣はく、『目を見張て、父を詈し事は、懺悔の後也。免すべからず。然りと云へども、師来て、七日許を請ふ。速に免すべし』と。

其の時に、法義、僧に申て云く、『七日、既に久しからず。我れ、後に来らむには、師の見給はざる事を恐る。願くは、此に住し給へ』と請ふ。僧の宣はく、『七日と云は、七年也。汝ぢ、早く還るべし』。然れば、法義、師に出でむ事を請ふ。仍て、僧、王の筆を請て、法義が掌の中に書して、一字を成す。亦、王印を請て、此れを印して云く、『早く去るべし。家に帰て、専らに善を修せよ。若し、後に来らむに、我見えずば、直に掌の中の印を以て、此れを顕はせ。我れ懃(ねんごろ)に汝を哀れぶ』と。

法義、此の事を聞て、即ち出ぬ。僧、家を教へて入らしむるに、法義、暗くて敢て入らず。□□者、此れを推すに、遂に活ぬ。心漸く悟(さ)めて、『我れ、土の中に有けり』と覚ぬ。甚だ軽薄也。手を以て、押し開て、出でて来れる也」

と語る。

其の後、山に入て、前の僧に付て、専らに道を修す。掌の中の印の所見えずして、皆瘡と成ぬ。遂に愈る事無かりけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「十年一本十三年ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku7-48.txt · 最終更新: 2017/01/18 21:27 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa