Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第43話 震旦陳公夫人豆盧氏誦金剛般若語 第卌三

今昔、震旦に陳公の夫人有けり。豆盧の氏也。苪公寛1)の姉也。其の人、心に福を願て、常に金剛般若経を読誦しけり。

此の如く誦して、年月を経る間に、日暮方に及て、経を読む。未だ一枚許読畢へざる程に、夫人、俄に頭を痛む事堪へ難し。亦、四肢安からずして、伏して、弥よ煩ふ事限無し。此の人、自ら心の内に思はく、「我れ、俄に身に重病を受けたり。若し死なば、遂に此の経を読畢奉る事有らじ」と思て、起て、経を読まむと為るに、前なる燭、既に滅ぬ。

其の時に、夫人、自ら起て燭を燃(とも)す事能はずして、前に有る女を遣て、火を燃さしむるに、程無く、其の遣つる女、皈り来て云く、「家の内に火無し」と。然れば、夫人、尚外の人の家に遣て、火を求むるに、尚火無し。

夫人、限無く歎き思ふ程に、忽に見れば、庭の中に燭有り。其の燭、前なる階より、直ぐ床の前に来ぬ。燭、地を離たる事、三尺許上たり。燃せる人見えず。明き事、昼の如し。夫人、此れを見て、驚き喜ぶ事限無し。頭を痛む事、亦止ぬ。

即ち、経を取て読誦する間、暫く有るに、家の人、火の消たる事を聞て、火を鑚(きり)て、燃て、堂に持来るに、本、庭の中に出来たる火は忽に見えず成ぬ。夫人、経を読奉り畢て、心に、「希有也」と思ふ。

其の後、日毎に読誦する事、五遍也。然る間、夫人の弟の苪公、病を受けて、既に死なむとす。夫人、苪公の所に行て見るに、苪公、夫人に語て云く、「我れ、夫人の読経の力を以て、命百歳有て、死て、遂に善所に生れむ」と云ふ。夫人の歳、八十也ける時に、(以下欠)

1)
芮公寛が正しい。豆盧寛。
text/k_konjaku/k_konjaku7-43.txt · 最終更新: 2017/01/13 01:14 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa