Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第3話 震旦豫州神母聞般若生天語 第三

今昔、震旦の豫州に一人の老母有けり。若より邪見深くして、神道に仕へて、三宝を信ぜず。世の人、挙て此れを「神母」と云ふ。三宝を嫌(にく)むが故に、寺塔の辺に近付かず。若し、道を行く時に僧に値ぬれば、目を塞て還ぬ。

而る間、一の黄牛有て、神母が門の外に立てり。三日を経るに、更に牛の主と云ふ者無し。然れば、神母、「此れ神の給はる也」と思て、自から出でて、牛を家に引き入れむと為るに、牛の力強くして、引得ず。神母、自から衣の帯を解て、牛の鼻に繋ぐ程に、牛、引て逃ぬ。神母、追て行くに、牛、寺に入ぬ。

神母、此の牛、及び帯を惜むが故に、目を塞て、寺に入て、面を背て、立てり。其の時に、寺の衆僧、驚き出でて、神母が邪見なるを哀ぶが故に、各、「南無大般若波羅蜜多経」と称す。

神母、此れを聞て、牛を捨てて、走り出でて逃ぬ。水の辺に臨て、耳を洗て云く、「我れ、今日、不祥の事を聞きつ。所謂る、『南無大般若波羅蜜多経』也」と嗔て、三度此の言を称して、家に還ぬ。牛、更に見えず。

其の後、神母、身に病を受て死ぬ。其の嫡女有て、母を恋ひ悲む程に、夢に、神母、告て云く、「我れ、死して、閻魔王の御前に至れり。我が身に悪業のみ有て、全く少分の善根無し。而るに、王、札を検(かんがへ)て、歎て宣はく、『汝ぢ、般若の名を聞き奉れる善有り。速に人間に還て、般若を受持し奉るべし』と。然りと云へども、我れ、人業既に尽て、活(いきかへ)る事を得ずして、忉利天に生ぜむとす。汝ぢ、強に歎き悲しむ事無かれ」と云ふと見て、夢覚ぬ。

其の後、母の為に心を発して、般若を写し奉る事、三百余巻也。

此れを以て思ふに、嫌むと云へども、般若の名を耳に触れたる功徳、此の如し。何況や、心を発して書写し、受持し、読誦せらむ人の功徳、量無しとなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku7-3.txt · 最終更新: 2016/11/20 17:42 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa