Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第28話 震旦中書令岑文本誦法花免難語 第廿八

今昔、震旦に中書の令として、岑の文本と言ふ人有けり。幼少の時より、仏法を信じて、常に法花経の普門品を読誦す。

此の人、多の眷属と共に船に乗て、呉の江の中流を渡る間、俄に船壊れぬ。然れば、船に乗れる多の人、皆水に入て死ぬ。只、文本一人、江に浮て、水の中に有り。

忽に死なむ事を悲ぶ程、髣(ほのか)に聞けば、人有て云く、「只、速に仏を念ぜば、当に死なざる事を得てむ」と。此の如き、三度云ふと聞くに、文本、浪に随て、涌き出でて、自然ら北の岸に付く事を得たり。喜て、岸の上に昇ぬれば、既に此の難を免れぬ。

此の「仏を念じ奉れ」と教へつる人を尋ぬるに、更に教ふる人無し。然れば、「偏に法花経の威力、観音の助け也」と知ぬ。

其の後、弥よ信を発して、江陵にして、斎会を儲く。衆僧、其の家に集会せる中に、一人の客僧有り。斎会畢て後、独り残り留て、文本に語て云く、「天下、既に乱れなむとす。但し、君、仏法を敬へるが故に、其の災に預らずして、遂に太平に値て、富貴に至るべき也」と云畢て、走り出でて去ぬ。

其の後、文本、食物の間に、舎利二粒を見付たり。「此れ、奇異也」と思て、亦、恭敬供養し奉る事限無し。

亦、実に彼の僧の告げしに違ふ事無く、天下に乱出来ると云へども、文本、其の災に預からずして、太平に値て、富貴に至れり。

此れ、偏に法花経の威力、観音の助け給ふ也。前には、江を渡るに、船壊れて水に入ると云ども、死る事無し。後には、天下に乱出来ると云へども、其の災に預らずして、太平にして富貴を得る也。

然れば、人、専に仏法を信ずべしとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku7-28.txt · 最終更新: 2017/01/04 15:18 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa