Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第21話 豫州恵果読誦法花経救厠鬼語 第廿一

今昔、震旦の豫州1)に恵果和尚と申す聖人在しけり。慈悲広大にして、人を利益する事、仏の如し。宋の代の始めに、京師に入て、瓦官寺と云ふ寺に留まり住て、法花十地等の経を読誦するを業とす。亦、本より不空三蔵を師として、三密の大法を受け習て、真言の教を世に弘め給ふ。

而るに、此の和尚、昔し、厠の前にして、一の鬼に値ふ。其の形、甚だ怖るべし。鬼、和尚を見て、敬て、申て云く、「我れ、昔し、前の世に、衆僧の為に維那と成れりき。而るに、少し誤てりし事有しに依て、今、糞を噉(はめ)る鬼の中に堕たり。聖人は徳高くして、業明かに、慈悲広大にして、利益殊勝に在すと聞く。願くは、我が此の苦を助け、救ひ給へ。我れ、昔し、銭三千を持て、然々の所の柿の下に埋めりき。其の銭を掘り出して、我が為に功徳を修し給へ」と。

和尚、此の事を聞て、哀びの心深くして、即ち、寺の衆に告て、鬼の教へし所に行て、此れを掘るに、実に云しが如くに、三千の銭を掘り得たり。忽に法花経一部を書写して、彼の鬼の為に、中会を設て、供養しつ。

其の後、和尚、夢に彼の鬼来て、和尚を礼拝恭敬して、申して云く、「我れ、既に聖人の徳に依るが故に、鬼の道を免れて、生を改る事を得たり」と告ぐと見て、夢覚ぬ。

其の後、和尚、弥よ法花経の威力の新たなる事を貴て、寺の衆に此の事を語り弘め給ひけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
標題に底本頭注「豫ハ婺ノ誤カ下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku7-21.txt · 最終更新: 2017/02/21 19:06 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa