Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第17話 震旦会稽山弘明転読法花経縛鬼語 第十七

今昔、震旦の会稽山と云ふ所に、一人の僧住けり。名をば弘明と云ふ。幼少にして出家して、戒を持(たも)ち、禅定を修す。山陰の雲門寺と云ふ寺に住して、昼夜に法花経を転読して、六時に礼懺を行ずる事怠らず。

亦、人有て、入らずと云へども、瓶の水、朝毎に自然ら満たり。実に此れ諸天童子の給仕せる也。

亦、弘明、昔し、雲門寺と云ふ寺に住して、仏の御前に居て、静にして、経を読誦する間に、虎来て、堂の内に入て、床の前に臥ぬ。弘明、此れを見るに、座に居乍ら敢て動かず。虎、経を誦するを聞て、良久く有て去ぬ。

亦、弘明、見れば、一の小児来て、弘明が法花経を誦するを聞く。弘明、小児に問て云く、「汝は、此れ誰人ぞ」と。小児、答て云く、「我れは、昔し、此の寺に有し沙弥也。我れ、誤て帳の下の食を盗めりし罪に依て、今、圊(かはや)の中に堕たり。而るに、我れ、聖人の行業を聞くに依て、来て法花経を読誦し給ふを聞く。願くは、聖人、慈悲を垂れ給て、我が此の苦を救ひ給へ」と。弘明、即ち、法を説て、小児を教化す。小児、法を聞て、悟を開て、隠れ失ぬ。

其の後、弘明、永興に至て、石姥巌にして入定しぬ。

亦、其の所にして、山の精の鬼来て、弘明を悩ます。弘明、此れを捕へ得て、縄を以て鬼を繋ぐ。鬼、過を謝して、脱れむ事を乞て云く、「我れ、敢へて聖人の所に亦来る事有らじ」と。弘明、此れを聞て、哀むで、解き放て、免しつ。其の後、鬼、跡を絶て、来る事無し。

亦、元嘉の間に、郡守平生孟顗重其貞素要1)。弘明、新安に出でて、道樹精舎に止る。後に、済陽江斉2)、永興邑にして、昭玄寺を建てて、亦、弘明を生ず。其の所へ行て住ぬ。

亦、大明の末に至て、陶里の董氏、亦、弘明が為に、其の邑に栢林寺を建つ。亦、弘明、其の所に還り留て、禅戒を修す。

遂に、其の栢林寺にして命終しにけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「郡守ノ下誤脱アラン」
2)
「済陽の江斉」。「済陽」は地名、「江斉」は人名。
text/k_konjaku/k_konjaku7-17.txt · 最終更新: 2016/12/17 13:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa