Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻7第12話 震旦唐代宿太山廟誦仁王経僧語 第十二

今昔、震旦の唐の徳宗の代に、貞観十九年と云ふ年、一人の僧有り。名、及び住所を知らず。大山府君1)の廟堂に行き宿して、新訳の仁王経2)の四無常の偈を誦す。

夜に至て、僧、夢に太山府君来て、示して宣はく、「我れ、昔し、仏前に有て、面り此の経を聞しに、此れ、羅什の翻訳の詞、及び義理に等くして、違ふ事無し。我れ、此の読誦の音を聞くに、心身清涼なる事を得たり。喜ぶ所也。然れども、新訳の経は、猶、文詞、甚だ美也と云へども、義理淡く薄し。然れば、汝ぢ、猶旧訳の経を持つべし」と。亦、毘沙門天、経巻を与へ給ふと見て、夢覚ぬ。

其の後は、僧、旧訳の経も并べて、同じく誦持しけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
太山府君
2)
不空訳の仁王護国般若波羅蜜経
text/k_konjaku/k_konjaku7-12.txt · 最終更新: 2016/12/03 13:44 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa