Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第7話 善無畏三蔵胎蔵界曼陀羅渡震旦語 第七

今昔、大日如来、一切衆生を救ひ護り給はむが為に、胎蔵界の曼陀羅の大法を説給て、金剛手菩薩1)に伝へ給ふ。其の後、数百歳を経て、金剛手、中天竺の世無厭寺の達磨掬多2)に伝へ給ふ。達磨、此れを伝へ弘めて、斛飯王の五十二代の玄孫、善無畏に伝ふ。

其の後、震旦の開元七年と云ふ年、善無畏、天竺より、胎蔵界の曼陀羅の図を、震旦に弘め給ふ。

其の時の王、唐の玄宗皇帝、善無畏を以て国の師として、大教を翻訳せしめて、再び大曼陀羅を図して、大壇場を儲く。其の時に、曼陀羅の諸尊、光を放て、天より細なる華降て供養す。然れば、国王及び大臣・百官、皆此れを見て、礼拝恭敬して、貴ぶ事限無し。

其の後、国挙て此の善無畏を帰依し奉る。胎蔵界の曼陀羅の霊験、一に非ず(下文欠)

1)
普賢菩薩。次話の金剛薩埵と同じ。
2)
達磨笈多
text/k_konjaku/k_konjaku6-7.txt · 最終更新: 2016/10/13 18:15 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa