Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第47話 震旦張李通書写薬師経延命語 第四十七

今昔、震旦の唐の代に、張の李通と云ふ人有けり。生年二十七歳と云ふ年、相師有て、李通を見て云く、「君の命、極て短し。三十一を過ぐべからず」と。李通、此の事を聞て、歎き悲む事限無し。

其の時に、邁公と云ふ人有り。李通、彼の人に値て、此の事を語て歎く。邁公の云く、「君、知らずや、長寿の方有るをば。君、誠の心を至して、此れを書写し、受持せよ」と云て、玄奘三蔵の翻訳し給へる所の、一巻の薬師経を授く。李通の云く、「我れ、世間の営み甚だ繁くして、経を受持せむ事、実に難し。然りと云へども、此の事、極て恐れ有るに依て、先づ書写すべし」と云て、経巻を請け取て、心を至して、自から此れを書写す。世間の営み、甚だ繁くして、僅に一巻を書写し得たり。

其の時に、前に見し所の相師、李通を見て云く、「君、何なる功徳の有るぞ。忽に三十年の命を延たり。此れ、甚だ希有也」と。李通の云く、「我れ、邁公の教へに依て、自から薬師経一巻を書写せり。其の他の善根、更に無し」と。相師、此れを聞て、「此れ、偏に経の威力也」と知て去ぬ。

此れを聞て、心を至せる人多かりけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku6-47.txt · 最終更新: 2016/11/12 17:03 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa