Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第46話 震旦張謝敷依薬師経力除病語 第四十六

今昔、震旦の唐の代に、張の謝敷と云ふ人有り。忽に身に病を受て、辛苦悩乱する事限無し。

其の時に、其の妻有て思はく、「此の病、当に人の力及ばじ。然れば、偏に三宝に祈祷すべし」と、深く思ひ得て、家を掃ひ清めて、衆僧を請じ入れて、香を焼き、華を散じて、七日七夜薬師経を転読せしむ。

其の七日に満ぬる夜、謝敷、夢に衆僧有て、経巻を以て、我が身の上に覆ふと見て、夢覚ぬ。其の後、病、平愈して、更に痛む所無し。

其の時に、謝敷、自ら思はく、「此れ偏に、経の威力に依て、平愈せる也」と思て、弥よ信を発しけり。

此れを以て思ふに、経の文に、「1)一経其耳 衆病悉除」と説き給へる誓ひに違はねば、末の世の人、病受けたらむ、専に此の経を転読すべしとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「一経ノ上一本我之名号ノ四字アリ」
text/k_konjaku/k_konjaku6-46.txt · 最終更新: 2016/11/12 13:29 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa