Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第45話 震旦梓州郪県姚待写四部大乗語 第四十五

今昔、震旦の梓州の郪県に一人の姚待有り。長安四年と云ふ丁酉の年を以て、姚待、願を発して、亡ぜる父母の為に、四部の大乗経を写し奉る。法花1)・維摩2)各一部、薬師経十巻・金剛般若経一百巻也。

而るに、日の午の時に至るに、一の鹿有て、門を突て入来て、此の経の案の前に立て、頭を挙て舐(ねぶ)る。家に狗有り。此の鹿を見るに、全く吠え驚く事無し。

其の時に、姚待、此れを見て、床より下て、泣々く鹿を抱くに、亦、驚き怖るる気色無し。然れば、「此れ、只の鹿に非ず」と知て、鹿の為に三帰の法を説て授るに、鹿、踊て、足を屈めて逃然らず。

家の人、此れを、「希有也」と見る程に、亦、一人の屠児来て、経の案の前に立て、金剛般若を取て、走り去て見えず。其の行き方を知らず。

其の後、隣の家の人の夢に、人有て、語て云く、「彼の鹿は、姚待が母也。屠児は、此れ姚待が父也。各業を造れるが故に、此等の身を受たり。而るに、姚待、父母の為に四部の大乗を写し奉れるが故に、各来て、其の相を示す也」と告ぐと見て、夢め覚ぬ。

即ち、姚待が家に行て、夢の告を語る。姚待、此れを聞て、泣き悲て、弥よ経の威力の新たなる事を信じけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
法華経
2)
維摩経
text/k_konjaku/k_konjaku6-45.txt · 最終更新: 2016/11/12 12:41 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa