Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第43話 震旦曇鸞焼仙経生浄土語 第四十三

今昔、震旦の斉の代に僧有り。名を曇鸞と云ふ。其の人、震旦の仙経十巻を伝へ得て、此れを見て、「長生不死の法、此れに過たるは非じ」と深く思て、閑なる所に隠れ居て、専に仙術を学ぬ。

其の後、曇鸞、三蔵菩提1)に値て、問て云く、「仏法の中に、長生不死の法の、此の土の仙経に勝れたる有や否や」と。三蔵、驚て宣はく、「此の土の何の所にか、長生不死の法有らむ。縦ひ、命を延ぶる事を得たりと云ふとも、遂に年尽む事、疑無し」と宣て、観無量寿経を以て、曇鸞に授て、宣はく、「此の大仙の法を修行すれば、永く生死を離れて、解脱を得る也」。

曇鸞、此れを聞て、悔ひ悲て、忽に火を以て仙経を焼つ。其の後、自ら命を終らむ事を知て、香炉を取て、西方に向て、仏を念じ奉て、命終ぬ。

其の時に、空中に音楽有て、西より来て、須臾に還ぬ。世の人、此れを聞て、語り伝へたるとや。

1)
菩提流支
text/k_konjaku/k_konjaku6-43.txt · 最終更新: 2016/11/12 11:45 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa