Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第39話 震旦法祖於閻魔王宮講楞厳経語 第卅九

今昔、震旦に僧有けり。名を法祖と云ふ。本、河内の人也。幼少にして、出家して、道を行ふ。長安に寺を造て、其の寺にして、首楞厳経を講ずるを以て業とす。

其の時に、一人の人有り。姓は李、名は通也。其の人、死して、活(いきかへり)て、云く、「我れ、死して閻羅王1)の御許に至れりき。其の所に、法祖法師在しき。王の為に、首楞厳経を講じき。其の時に、『無量の罪人、法師の経を講ずるを聞て、皆、忉利天に生るべし』と、自ら説て、即ち講じ畢るに、皆、忉利天に生れぬ。『彼の生るる所の諸の天、此の経を講ずるを聞くが故に、皆、不退の功徳を得つ』と説く」と語る。

「法祖法師、未だ命終らずして、此の身乍ら、閻羅王の宮に行て、経を講じて、罪人を救ふ。此れ、只人に非ず」と、皆人知ぬ。然れば、此の事、世に聞えて、皆人貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
閻魔王。底本頭注「羅一本魔ニ作ル下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku6-39.txt · 最終更新: 2016/11/05 14:05 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa