Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第38話 震旦会稽山陰県書生書写維摩経生浄土語 第卅八

今昔、震旦の会稽山の陰県1)に、一人の書生有けり。姓名を知らず。身の病有るに依て、願を発して、維摩経を書写す。始め、題を書く時、其の夜の夢に、一人の天女来て、書生が身を撫づと。夢覚めて後、身の病愈て、亦発る事無し。

其の後、弥よ信を至して、一部を書き畢ぬ。書生、亦、此の霊験を憑て、願を発して、亡ぜる父母を救はむが為に、此の経一部を書写す。

問疾品を書く時に至て、書生、夢に、雲に乗れる天人、此の経を書く室に来て、書生に告て云く、「我れは、是れ汝が父也。我れ、悪業を以ての故に、黒暗地獄に堕たり。而るに、今、我等が為に、維摩経を書く。其の光明、忽に来て、我が身を照す。此れに依て、地獄を免れて、既に天上に生れぬ。我れ、歓喜する故、来て、汝に告る也」と。

書生の云く、「我が本意、此の如し。但し、母は何なる所に在すぞ」と。天、答て云く、「汝が母、在生の時、財を貪しが故に、餓鬼の中に堕たり。汝ぢ、此の経の仏国品を書写せむ時に至て、餓鬼を離れて、無動国に生れむ。我れも、亦、久しからずして、彼の国に生まるべし。汝ぢ、懃(ねんごろ)に心を至して書写し畢つべし」と見て、夢覚て後、書生、涙を流して、泣き悲むで、弥よ心を発して、慥に一部を書写し畢て、供養し奉れり。

其の後、書生、亦夢に、官人、幡を捧て来れり。更に此の国の人に似ず。書生に告て云く、「閻魔王の召す牒(ふだ)の中に、汝が名有り。而るに、汝ぢ、維摩経を書写せるに依て、其の事を遁ぬ。汝に命を給ふ、廿年也。遂に金粟仏土に生るべし。汝ぢ、努々怠る事無かれ」と見て、夢覚ぬ。

其の後、弥よ信を発す事、怠らず。遂に、年七十九にして命終しぬ。其の時、書生が身、金色に変じたり。人、皆此れを見て、「此れ偏に、金粟世界に生ぜる表示也」と云て、貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
会稽郡山陰県
text/k_konjaku/k_konjaku6-38.txt · 最終更新: 2016/11/05 13:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa