Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第34話 震旦空観寺沙弥観花蔵世界得活語 第卅四

今昔、震旦の空観寺と云ふ寺に、一人の沙弥有り。名を定生と云ふ。沙弥也と云へども、僧法を犯して、経教を誦する事無し。

然るに、僧有て、花蔵世界の相を説く。定生、此れを聞て、歓喜して、常に心に懸けて、彼の土を願ふ。

而る間、定生、恣に僧の事を犯して、遂に死して、紅蓮地獄に堕ぬ。而るに、定生、此の地獄を見て、「此れは華蔵世界ぞ」と思て、歓を成して、「南無花蔵世界妙土」と唱称す。

其の時に、地獄、忽に変じて、花蔵世界と成ぬ。亦、定生が「花蔵妙土」と唱ふる音を聞き及ぶ罪人、皆、蓮花に坐しぬ。

其の時に、獄卒有て、此の希有の事を見て、閻魔王に此の由を申すに、王の宣はく、「此れ、花厳経の大きなる不思議の力也」と。即ち、偈を説て云く、

  帰命華厳 不思議経 若聞題名 一四句偈 能排地獄 解脱業縛 諸地獄器 皆為 云々

沙弥、「地獄、皆華蔵と成て、罪人、悉く蓮花に坐しぬ」と見て、一日一夜を経て、活(いきかへり)て、此の事を語る。其の後、通を得たり。心を発して、善を修しけり。後に、行き方を知らずとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku6-34.txt · 最終更新: 2016/11/02 23:12 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa