Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第30話 震旦沙弥念胎蔵界遁難語 第三十

今昔、震旦の大興寺の灌頂の阿闍梨恵応と云ふ人有けり。其の所に一人の沙弥有り。年七歳より師の阿闍梨に仕へて、昼夜に奉仕す。

十七歳に至る時、事の縁有るに依て、此の沙弥、船に乗て、新羅に渡る間、忽に海中にして悪風に遇ぬ。船、俄に覆て、乗る人五十余人、海に没す。何れの所に漂ひ寄るべしと知らずして、忽に死なむとす。

其の時に、此の沙弥、心を至して胎蔵界の聖衆を念じ奉て云く、「願くは諸の海会聖衆、大悲の心を発し給て、普く此の船の衆の難を救ひ給へ」と。其の時に、夢を見るが如くに、聖衆、虚空の星の如くに光を散ず。

其の時に、此の五十余人の船の衆、皆自然(おのづから)に岸の上に有て、海に没まず、溺れずして、一所に有り。各、喜ぶ事限無し。此れ、実に希有の事の中の希有也。但し、其の中に二十余人は此の聖衆を見けり。残は見ず。忽の難を救ふが不思議也。

此れを聞て、心を至して胎蔵界の曼陀羅を礼拝する人、多かりけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku6-30.txt · 最終更新: 2016/10/29 19:02 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa