Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第28話 震旦興善寺含照礼千仏語 第廿八

今昔、震旦の唐の代に興善寺と云ふ寺有り。其の寺に一人の僧住ぬ。名をば含照と云ふ。願を発して、千仏の像を図絵し奉らむと為るに、纔に七仏の像許を図絵し奉て、今九百九十三仏の威儀・手印を知らず。

其の時に、含照、涙を流して、罪を懺悔して、誠の心を至して、「九百九十三仏の威儀・手印を知らむ」と祈請す。其の時に、含照、夢に九百九十三仏、木の葉に現じ給ふ。此の如く見て、夢覚ぬ。

其の後、含照、歓喜礼拝して、千仏の像を図絵し奉て、世に流布し伝へたる也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku6-28.txt · 最終更新: 2016/10/29 15:35 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa