Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第25話 震旦鐫恵造阿閦仏生歓喜国語 第廿五

今昔、震旦の隋の開皇の代に、鐫恵1)と云ふ僧有けり。何れの人と云ふ事を知らず。一生の間、不退転の位を期して、阿閦仏の像を図絵し奉る事一千躯也。亦、同じ仏の立像を造り奉れる事十二躯、身の長け三尺也。

而る間、鐫恵、夢の中に二人の僧有り。皆の名有り2)。一人をば日光と云ふ。一人をば喜辟と云ふ。此の二人、鐫恵に告て云く、「汝ぢ、阿閦仏の像を図絵し、造立し奉れり。但し、彼の仏の本願を知れりや否や」と。鐫恵、答て云く、「我れ、粗知れり」と。二人の僧、歓喜して云く、「善哉。汝ぢ、穢濁悪世の中に有て、殊に阿閦如来に帰依し奉れり。此れに依て、汝ぢ、一生の間にして、不退転の位に入て、遂に歓喜国に生ぬる事を得べし」と。夢覚て後、弥よ阿閦仏を念じ奉て、礼拝恭敬し奉る事限無し。

命終る時に臨て、諸の衆に告て云く、「我れ、年来、阿閦仏を念じ奉るに依て、今、歓喜国に生れぬ」と告けり。

然れば、「願ひに随て、皆浄土には生るる也けり」と、人、皆知けりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
「鐫恵」、底本異体字「𩀟恵」。標題以下すべて同じ。𩀟は、「隹」二つの下に「乃」
2)
底本頭注「皆以下ノ五字諸本ニナシ」
text/k_konjaku/k_konjaku6-25.txt · 最終更新: 2016/10/27 23:31 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa