Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第21話 震旦温州司馬造薬師像得活語 第廿一

今昔、震旦の□1)の代に、温州の司馬有て、身に重き病を受て、愈る事無くして、久く有り。然ば、今は偏に死なむずる事を歎き思ふ。

而るに、親き族・従者等、皆家に集来て、無き悲て、歎き合へる事限無し。而る間、司馬、遂に死ぬ。死して後、一日を経る間、此の親属・従者等、家に有て、司馬を惜て、生返らしめむが為に、一日の内に薬師の像を七体造り奉て、法の如く供養し奉て云く、「仏の誓願、空しからずば、此の人を活(いきかへら)しめ給へ」と祈る。

第二日に至て、司馬、活ぬ。家の内の親族・従者等、喜び合へる事限無し。其の時に、司馬、語て云く、「我れ、死し時、忽に三人の2)冥官来て、我れを縛て将行く。極て暗き道を過ぐ。我れに随ふ人、一人も無し。而る間、一の城の中に、見れば高き座有り。玉の冠の神、並び坐せり。前の庭に、数千人の人有り。皆、枷鏁せられたり。我れ、使者に問ふ、『此の所に在ます、此れ誰人ぞ』と。使者答ふ、『此れ、閻魔王の在ます所也』と。其の時に、王、我れを見て宣はく、『汝ぢ、善を修しきや』と。我れ、答て云く『未だ善を修せざる間に死せり』と。王の宣はく、『汝が悪、量り無し。定めて地獄を免るべからず』と。其の時に、光有て、司馬が身を照す。王、此れを見て、司馬に告て宣はく、『汝が親族・奴婢、家に有て、忽ちに七仏の像を造て、汝が寿命を延ぶる事を得たり。汝ぢ、速に人間に還るべし』と宣ひき」と語る。

親族・奴婢、此れを聞て、喜び貴て、此の七仏の像を恭敬供養し、礼拝し奉りけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「震旦ノノ下一本隋トアリ」
2)
底本頭注「三人一本二人ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku6-21.txt · 最終更新: 2016/10/26 01:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa