Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第18話 震旦并州張元寿造弥陀像生極楽語 第十八

今昔、震旦の并州に、張の元寿と云ふ人有けり。善根の心有りと云へども、其の家、本より殺生を以て業としける。

而るに、元寿、父母死て後、殺生の業を永く断て、偏に阿弥陀仏を念じ奉て、心を専にして、父母の後世を救はむが為に、阿弥陀仏の三尺の立像造り奉て、家の内に安置し奉て、香を焼き、花を散じ、灯明を捧て、供養礼拝し奉る。

其の夜の夢に、忽に空の中に光有り。其の光の中に、蓮の台の乗れる人、二十余人有り。其の中に、二人の人有て、庭の上に近付き来て、元寿を呼ぶ。元寿、答て云く、「我れを呼び、此れ誰人ぞ」と。答て云く、「汝を呼ぶは、此れ汝が父母也。我れ、生たりし時、念仏三昧を悟りきと云へども、酒肉の食を好て、多くの魚鳥等を殺せりしが故に、叫喚地獄に堕たりと云へども、念仏を修せし力に依て、熱鉄還て、清涼の如き也。而るに、昨日、一人の沙門来る。長け三尺也。法を説くに、同じ業にして地獄に有る輩二十余人、此の沙門の法を説き給へるを聞て、皆地獄を免れて、浄土に生るる時至れり。此れ、偏に我等来て告る也。空の中に有る人は、彼の地獄に有りし同じ業の人也」と云畢て、即ち西を指て去ぬと見て、夢覚ぬ。

其の後、一人の僧に値て、此の夢に見る所の事を語る。僧の云く、「此れ、定て知ぬ。汝が造り奉れる所の三尺の阿弥陀の像、地獄の中に行給て、汝が父母を救ひ給ふに、同じ業の輩、法を聞くが故に、地獄を免れて浄土に生るる也」と云けり。

元寿、其の後、弥よ此の三尺の像を礼拝し恭敬し奉りけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku6-18.txt · 最終更新: 2016/10/20 17:51 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa