Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第17話 震旦開覚寺道喩造弥陀像生極楽語 第十七

今昔、震旦の隋の代に、開覚寺と云ふ寺有り。其の寺に、道喩と云ふ僧住けり。年来、阿弥陀仏を念じ奉て、更に他の思ひ無し。栴檀を以て、三寸の阿弥陀の像を造る。

而る間、道喩、忽に死ぬ。七日葬せず。七日と云ふに活(いきかへり)て、語て云く、「

我れ死し時に、初て見しに、一人の止事無く気高き人有て、七宝の池の辺に行て、此の人、華を廻る事三匝、其の時に、華、皆開けぬ。此の人、池に入て、華の上に坐しぬ。其の後、亦道喩、彼の人の如く華を廻るに開けず。然れば、我れ、手を以て花を取るに、其の華、皆萎み落ぬ。

其の時に、阿弥陀仏、在まして、我れに告て宣はく、『汝、暫く本国に還て、心を至して、諸の罪を懺悔せよ。亦、香湯を以て身に沐浴せよ。明星の出らむ時に至て、我れ行て汝を迎ふべし。亦、汝ぢ、我が像を造れる事、何に依てか大小有る。心、大きなれば即ち大也。心、小なれば即ち小也』と宣ひ畢て、此の像、虚空に遍し給ひにき」と語る。

其の後、道喩、仏の教への如く、香湯を以て、身に沐浴して、心を一にして、諸の罪を懺悔して、諸の人に告て云く、「汝等、道喩を救はむが為に、念仏を修せよ」と勧めて、念仏を修せしむ。

明星の出る時に至て、化仏、道喩が所に来り臨み給ふ。諸の人、此れを聞き見る。其の後、道喩、死ぬ。

然れば、道喩、極楽に生るる事疑無しとなむ、皆人貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku6-17.txt · 最終更新: 2016/10/20 14:50 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa