Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第16話 震旦安楽寺恵海画弥陀像生極楽語 第十六

今昔、震旦の隋の代に、江都に安楽寺と云ふ寺有り。其の寺に恵海と云ふ僧住けり。本、清河武城の人也。出家して後、善く経論を受け習て、専に浄土の業を修す。

其の時に、斉州の僧、道領1)有て、阿弥陀仏の絵像を持来て、恵海に語りて云く、「此の像は、此れ、天竺の鶏頭摩寺の、五通の菩薩の、神通に乗て空を飛て、極楽世界に行て、阿弥陀仏の容儀を見奉て、図絵し奉れる像也」と。

恵海、此の像を見て、年来の思ひに称て、喜ぶ事限無くして、即ち仏の像を見奉るに、正く耀き給ふ。恵海、希有の思ひを成して、即ち、此の極楽世界に生れむ事を願ふ。

而る間、夜に至て、恵海、忽に起居て、此の絵像の前に西向にして礼拝して、念じ奉る事限無し。既に暁に至て、直(ただし)く坐して、掌を合せて、口に仏の御名を唱へて死ぬ。人、寄て此れを見るに、恵海が形、生たる時の如くにして、替る事無し。

世の人、此れを見聞て、「必ず極楽に生れたる人也」と貴びけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「領一本鈴ニ作ル或ハ銓ノ誤カ」
text/k_konjaku/k_konjaku6-16.txt · 最終更新: 2016/10/18 23:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa