Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻6第14話 震旦幽州都督張亮値雷依仏助存命語 第十四

今昔、震旦の□□1)の代に、幽州の都督に□の張亮と云ふ人有けり。府の長吏と有り。心に仏法を貴び信ず。

其の人、昔、寺に入て、仏の長を計て、我が身と等く在ますを見て、此れを供養し奉りけり。寺に詣でて、仏の御前に居たる間に、二人の従者有り。皆庭に立てり。其の時に、忽ちに雷電有り。張亮、雷の音を聞て、恐るる心有て、此の我が身と等く在ます仏を、心を至して念じ奉る。

而る間、雷電霹靂して、寺の柱を震(をのの)かす。此の従者の一人、走り出でて、階に至て即ち死ぬ。此の雷の震かす柱、壊れて迸て、張亮が額に当る。張亮、「我が額、破れぬ」と思ふに、更に痛き事無し。即ち、人を呼て、此れを見しむるに、其の木の迸て当れる所に、赤き痕有り。而も、痛む事無し。柱を見るに、其の木、半ば裂けて、地に落ちたる事、人の態と𨨞を以て裂き砕けるが如し。

其の時に、張亮、仏の御許に詣でて、仏を見奉るに、仏の額に大なる痕有り。此れ、正しく張亮が痕の所に当れり。露許違ふ事無し。張亮、此れを見て、「仏の我が急難を救はむが為に、我れに代り給へる也けり」と思ふに、哀れに悲き事、云はむ方無し。其の寺の諸の僧等も見奉て、悲び貴べる事限無し。

張亮、家に還て、諸の人に語て、弥よ仏を信じ奉りけり。幽州の人も皆、此の事を見聞く者は貴がり奉て、皆其の寺に参て、仏の御痕を見て、礼拝し恭敬し奉りけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「震旦ノ下一本玄宗トアリ」
text/k_konjaku/k_konjaku6-14.txt · 最終更新: 2016/10/18 22:00 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa