Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第8話 大光明王為婆羅門与頭語 第八

今昔、天竺に大光明王と申す王御けり。人に物を与ふる心深くして、五百の大象に諸の宝を負せて、諸の人を集めて、宝を施し給ふに、少も惜む心無し。何況や、人来て宝を乞ふに、与へずと云ふ事無し。

隣国の王、此の心を聞て、大光明王を殺さむが為に、一人の婆羅門を雇ひ語ひて、大光明王の許に遣て、王の頭を乞はしめむとす。婆羅門、大光明王の許に至て、頭を乞むと為るに、宮を守る神有て、此の事を知て、守門を者に告て、婆羅門を入らしめず。

然りと雖も、終に守門の者、大王に此の由を申す。大王、自出でて、婆羅門を見給ふに、幼子の母を見るが如し。心に歓喜して、来る由を問給ふ。婆羅門の云く、「大王の御頭を給ふべし」と。大王、「乞に随て、首を与へむ」と、受け給ひつ。

先づ、還入て、后達・五百人の太子に向ひて、婆羅門に首を与ふべき由を宣ふ。時に、后・太子、皆此の事を聞て、悶絶躃地して、強て此の事を止む。然りと雖も、大王、敢て此の心止まず。

大王、掌を合せて、十方に向て礼拝して宣はく、「十方の仏菩薩、我れを哀愍し給て、我が今日の願を成弁せしめ給へ」と申して、大王自ら樹に縛り付て、「我が頭を取て与ふべし」と宣ふ時に、婆羅門、釼を抜て樹に向ふ。

其の時に、樹神、手を以て婆羅門を頭を打つ。婆羅門、地に倒れ臥しぬ。其の時に、大王、樹神に語て云く、「汝、我が願を助けずして、善法に於て、妨げを致せり」と。此れに依て、樹神、妨る事無し。

然れば、婆羅門、大王の頭を切り取る間、宮の内の后・太子より始めて、大臣・百官及び、若干の人、哭き悲む事限無し。婆羅門、大王の頭を切取て、本国に還りぬ。

大光明王と云は、今の釈迦仏、此れ也。婆羅門を雇ひ語へる隣国の王と云は、今の提婆達多、此れ也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-8.txt · 最終更新: 2016/09/10 16:25 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa