Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第7話 波羅奈国羅睺大臣擬罸国王語 第七

今昔、天竺の波羅奈国に大王御けり。寝給へる間に、宮を守る神来て、大王に告て云く、「羅睺大臣有て、国位を奪はむが為に、大王を害せむとす。速に境を出でて逃げ給へ」と。大王、此れを聞て、恐ぢ怖れて、后・太子と議(はかり)て、密に国の境を出給て、逃げ行く程に、心誤り肝迷て四十日行く道に入ぬ。其の道、嶮(けは)しく堪へ難き事限無し。水無くして、咽乾て、既に死なむとす。何況や、粮絶て命を存せむ事難たし。

然れば、大王・后、音を挙て、大に叫びて歎き、思ふ様、「我等三人乍、既に死なむとす。我れ、同じくは、夫人を殺して、其の肉を取て、食して、我れ・太子二人の命を継む」と思て、釼を抜て、夫人を殺さむと為るに、太子、父の王に云く、「我れ、母の肉(しし)村を食ふべからず。然れば、我が肉村を以て、父母に奉るべし」と。王、餓への堪難さを忍ばずして、云ふに随て、太子の肉を割く。

行く末の道、未だ遥なれば、尚手足の肉を割て与ふ。身の肉、臭くして、其の香、遠く香(かか)えぬ。然れば、蚊虻競ひ来て、身に遍し付て食ふ。苦しび痛む事、限無し。太子の云く、「願くは、我れ、来世に無上菩提を得て、汝等が餓への苦びを済はむと思ふ」と云ふ。然る間、太子を捨てて、父母去ぬ。

其の時に、天帝釈、悪き獣と変じて、其の所に来て、太子の残れる所の肉を螫(さ)し噉(は)む。其の時に、太子、誓て云く、「願くは、我れ、此の捨て難き身を捨る功徳を以て、無上菩提を成じて、一切衆生を度せむと思ふ」と。

其の時に、天帝釈、本の形に復して宣はく、「汝、極て愚也。無上道は久く苦行を修て行る所の道也。汝、何ぞ此の施に依て、無上道を成ずべきにか」と。太子の云く、「我れ、若し此の事に於て、欺誑の言を致さば、我が身、全く平復すべからず。若し、真実の言を致さば、我が身、本の如く平復すべし」と。

其の時に、肉、本の如くに成て、平復する事を得つ。形貌端正なる事、前に倍々(ましま)せり。即ち起居て、天帝釈を礼拝し給ふ。其の時、帝釈は掻消つ様に失給ひぬ。

父の大王は、隣国の王の許に行て、此の事を語り給ふに、隣国の王、哀びの心を発して、四種の兵を発して、羅睺大臣を責む。終に責め罸つ事を得て、本国に還て、即位、本の如く也。太子、亦本国に還て、国位を委付して、国を治る事、父の如し也。

此の太子の名をば、須闡提太子と云ふ。今の釈迦仏、此れ也。羅睺大臣と云は、今の提婆達多、此れ也となむ、語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-7.txt · 最終更新: 2016/09/10 14:53 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa