Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第6話 般沙羅王五百卵初知父母語 第六

今昔、天竺の□□国に大王有り。般沙羅王と云ふ。其の后、五百の卵を産めり。大王、此れを見て、奇異の思を成す。后も自ら恥て、小き箱に入れて、使を以て恒伽河1)、大きに怖れ歎き給ふ。后の云く、「王、更に怖給ふべからず。其の故は、此の敵国の五百の軍と云は、皆此れ我が子也。子、母を見ば、悪心、自然ら止なむ。所謂、我が生たりし所の五百の卵此等也」と云て、前の事を一々に語る。

軍、城に向ふ時に、后、自ら高楼に昇て、五百の軍に向て云く、「汝等五百人は、此れ皆我が子也。我れ、先年に五百の卵を産りき。恐れを成て、恒伽河に流したりしを、隣国の王、見付て、養ひ立たる汝等也。何ぞ、今、父母を殺して逆罪を造らむ。汝等、若し此の事を信ぜずば、各、口を開て、我に向ふべし。我が乳を按(おさへ)むに、其の乳、自然ら汝等が口毎に入るべし」と誓て、乳を按に、五百の軍、此の事を聞て、皆高楼に向て居たる口毎に、各同時に入ぬ。其の時に、五百の軍、皆此の事を信じて、畏り敬て、還り去ぬ。

其の後は、此の二の国、互に中善く成て、責め罸(う)つ事絶にけりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
ガンジス川)に) 其の時に、隣国の王、獦(かり)に出でて、遊び行き給ふ間に、此の卵の箱の、河に流れ行くを見付て取上て、開て見るに、五百の卵を入れたり。王、此れを見て、棄てずして、宮に持還て置たるに、日来を経る。此の五百の卵より、各一の男子出たり。 王、此れを見て喜ぶ。此の王、子無くして、此れを苦(ねんごろ)に養育し、傅(かし)づく程に、五百の皇子、漸く勢長して、皆心武くして、兵に道に足れり。然れば、国の内に此の五百の皇子に並ぶ者無し。 而るに、此の国、本より彼の般沙羅王の国と敵にて有れば、此の五百の皇子の、武く勇なるを得て、「此れを以て、彼の国を責む」と思て、先づ、彼の国に使を遣て、「勝負を決せむ」と云ふ。其の後、軍を発して、彼の国に行向て、其の城を囲つ。 其の時に、般遮羅王((底本頭注「遮諸本沙ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku5-6.txt · 最終更新: 2016/09/10 00:13 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa