Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第30話 天帝釈夫人舎脂音聞仙人語 第三十

今昔、舎脂夫人と云は天帝釈の御妻也。毗摩質多羅阿修羅王の娘也。仏1)、未だ世に出給はざる前に、一の仙人有けり。名をば提婆延那と云ふ。帝釈、常に其の仙の所に行て、仏法を習ひ給ふ。

其の時に、舎脂夫人、心の中に思ふ様、「帝釈、定めて仏法を習ふにしも有らじ。此の人、必ず他の夫人の有るか」と思て、密に、夫人、帝釈の後ろに隠れて、尋ね行て見れば、実に帝釈、仙の前に居給へり。

帝釈、夫人の密に来れるを見給て、呵嘖して宣はく、「仙2)の法は、女人に見しめず。亦、聞かしめず。早う、還給ふべし」と云て、蓮の茎を以て舎脂夫人を打つ。

其の時に、舎脂夫人、あまへて帝釈と戯る。其の時に、仙人、夫人のあてなる音を聞て、心の穢がれければ、忽に仙の通力失せて、凡夫に成にけり。

然れば、女人は仙の法の為に、大なる障り也となむ、語り伝へたるとや。

1)
釈迦
2)
底本頭注「仙一本仙人ニ作ル下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku5-30.txt · 最終更新: 2016/10/04 00:19 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa