Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第29話 五人切大魚肉食語 第廿九

今昔、天竺の海辺の浜に、大なる魚、寄りたりけり。

其の時に、山人の行き通ずる五人有りけり。此の大魚を見て寄て、魚の肉を切取て、五人して食てけり。其れを始として、世の人、御名聞き継て来て、此の魚の肉を切取て食てけり。

其の魚と云は、今の釈迦仏に在ます。大魚の身と成て、山人の道行かむに、我が肉を与へむと也。今の仏と成給て後、先づ、其の魚の肉を切取て食せし五人を先に教化して、道を成じ給ふ成けり。

所謂る、其の五人と云は、拘隣比丘1)・馬勝比丘・摩訶男・十力迦葉・拘利太子、此等也となむ、語り伝へたるとや。

1)
憍陳如に同じ
text/k_konjaku/k_konjaku5-29.txt · 最終更新: 2016/10/02 21:36 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa