Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第28話 天竺五百商人於大海値摩竭大魚語 第廿八

今昔、天竺の人、五百人と共に、宝を求めむが為に、海に浮て渡る間、梶取1)有て、楼の上に有る人に問て云く、「汝、見るや否や」と。

上の人、答ふる様、「二の日を見る。亦、白き山有り。亦、流れ趣て奔る事、大なる㙂(ふち)に入るが如し」と。梶取の云く、「此れは、知らずや、汝等。魚の王の出来たる也。二の日と見るは、魚の目也。白き山と見ゆるは、魚の歯也。水の流れ趣くと見ゆるは、魚の口に水の入るが、引かれて流るる也。此れ、恐ても怖るべし。汝等、早く、各五戒を持し、仏の御名を念じ奉りて、此の難を免れよ。船、魚の口に近付ば、返得べからず。汝等、其の流れの疾き事を見るべし」と。

其の時に、五百人の人、皆、各心を一にして、仏の御名を称し、観音の御名を唱て、「此の難を免れむ」と申すに、忽に、魚、口を閉て、海に引入にけり。然れば、五百の商人、平かに本国に返り来る事を得たり。

亦云く、此の魚、命尽て、人中に生れて、比丘と成て、羅漢果を証したりとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「梶取諸本楫取ニ作ル下同ジ」
text/k_konjaku/k_konjaku5-28.txt · 最終更新: 2016/10/02 21:21 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa