Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第26話 天竺林中盲象為母致孝語 第廿六

今昔、天竺に一の林有り。其の林の中に、一の盲(めしひ)たる母象有けり。一の子象有て、其の母の盲にして、行く事も無くて居たるを養ひけり。菓(このみ)・蓏(くさのみ)を求て食はしめ、清き水を汲て飲ましむ。

此の如く養て、年来を経る程に、一人の人有て、此の林の中に入て、忽に道に迷て、出る事を得ずして、悲び歎く事限無し。此の象の子、此の人、道に迷へるを見て、哀びの心を発して、道を教へて返し送りつ。此の人喜て、既に山を出ぬれば、家に帰ぬ。

国王に申す様、「我れ、香象の住む林を知れり。此れ、見も知らぬ、世に無き象也。速に彼れを捕給ふべし」と。国王、此の事を聞て、自ら軍を引将て、彼の林に行給ふ。此の申す人を指南(しるべ)にて、行て象を狩る。此の人、象の有る所を指て王に申す。

其の時に、象1)、二の臂、自然ら折れて地に落ぬ。人の切り落すが如く也。王、此れを見て、驚き怪しみ給ふと云へども、猶、象の子を捕へて、宮に将至て繋つ。

象、繋がれて後、更に水・草を食はず。厩の者、此れを見て怪むで、王に申す、「此の象、水・草を食はず」と。国王、自ら象の所に行て、此の事を問給ふ。「汝ぢ、何なれば、水・草を食はざるぞ」と。象、答て云く、「我が母、盲したるに依て、行く事無し。然れば、年来、我が養ふに依て、命を持(たも)つ。而るに、かく捕らはれぬれば、母は養ふ者無くして、日来に成ぬれば、定めて餓ぬらむ。此れを思ふに、悲びの心深し。我れ、何でか水・草の食を噉(く)はむ」と申す時に、国王、此れを聞て、哀びの心を発して、象を放ち遣つ。象、喜て林に返ぬ。

其の象の子と云は、今の釈迦仏に在ます。菩提樹の東に、尼連禅那河を渡て、大なる林有り。其の中に卒都婆有り。其の北に池有り。其の所になむ此の盲象は住けるとなむ、語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「象ノ下脱文アラン」
text/k_konjaku/k_konjaku5-26.txt · 最終更新: 2016/10/02 18:38 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa