Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第25話 亀為猿被謀語 第廿五

今昔、天竺の海辺に一の山有り。一の猿有て、菓(このみ)を食して、世を過す。

其の辺の海に二の亀有り。夫妻也。妻の亀、夫の亀に語て云く、「我れ、汝が子を懐妊せり。而るに、我れ、腹に病有て、定めて産み難からむ。汝ぢ、我に薬を食せば、我が身平かにて、汝が子を生じてむ」と。夫、答て云く、「何を以て薬とは為べきぞ」と。

妻の云く、「我れ聞けば、猿の肝なむ、腹の病の第一の薬なる」と云ふに、夫、海の岸に行て、彼の猿に値て云ふ様、「汝が栖(すみか)には、万の物豊也や否や」と。猿る、答て云く、「常には乏しき也」と。亀の云く、「我が栖の近辺にこそ、四季の菓・蓏(くさのみ)絶えぬ広き林は有れ。哀れ、汝を其の所に将て行て、飽まで食せばや」と。

猿、謀るをば知らずして、喜て、「いで、我れ行かむ」と云へば、亀、「然らば、いざ給へ」と云て、亀の背に猿を将行て、亀の猿に云く、「汝ぢ知らずや、実には、我が妻懐妊せり。而るに、腹に病有るに依て、『猿の肝なむ其の薬なる』と聞て、汝が肝を取むが為に、謀て将来れる也」と。

猿の云く、「汝ぢ、甚だ口惜し。我れを隔る心有けり。未だ聞かずや。我等が党(ともがら)は、本より身の中に肝無し。只傍の木に懸置たる也。汝ぢ、かしこにて云ましかば、我が肝も、亦他の猿の肝も、取て進(まゐらせ)てまし。譬ひ、自らを殺し給ひたりとも、身の中に肝の有らばこそ、其の益は有らめ。極て不便なる態かな」と云へば、亀、猿の云ふ事を実と信じて、「然らば、いざ将還らむ。肝を取て得給へ」と云へば、猿、「其れは糸安き事也。有つる所へだに行着なば、事にも非ぬ事也」と云へば、亀、前の如く、背に乗せて、本の所に至ぬ。

打下したれば、猿、下るままに走て、木の末に遥に昇ぬ。見下して、猿、亀に向て云く、「亀、墓無しや。身に離れたる肝もや有る」と云へば、亀、「早く、謀りつるにこそ有けれ」と思て、為べき方無くて、木の末に有る猿に向て、云ふべき様無きままに、打ち見上て云く、「猿、墓無や。何なる大海の底にか菓は有る」と云て、海に入にけり。

昔も獣はかく墓無くぞ有ける。人も愚痴なるは、此等が如し。かくなむ語り伝へたるとや。

text/k_konjaku/k_konjaku5-25.txt · 最終更新: 2016/10/01 23:54 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa