Recent changes RSS feed

今昔物語集

巻5第21話 天竺狐借虎威被責発菩提心語 第廿一

今昔、天竺に一の国有り。一の山有り。其の山に、一の狐住む。亦、一の虎住む。

此の狐、彼の虎の威を借て、諸の獣を恐(おど)しけり。虎、此の事を聞て、狐の所に行きて、責めて云く、「汝ぢ、何ぞ威を借て、諸の獣を恐せるぞ」と。狐、天地の神を懸て諍ふと云へども、虎、更に信ぜず。

狐、術無くて、「逃げ去(い)なむ」と思て、走り逃る程に、不意(そぞろ)に穴井の有けるに落入ぬ。其の井、深くして、登るべき様無くて、井の底に臥ふし乍ら、世間の無常を観じて、一念の菩提心を発す。「昔の薩埵太子は、虎に身を施して、菩提心を発せり。我れ、今亦然の如き也」と。

其の時に、大地、六種に震動す。六欲天、皆動ぬ。此れに依て、文殊・天帝釈、共に仙人の形と成て、穴井の許に至給て、狐に問て云く、「汝ぢ、何なる心を発こし、何なる願を成せるぞ」と。狐、答て云く、「若し、我が思ふ所の事を知らむと思はば、先づ我を引上げよ。其の後に云ふべし」と云ふ時に、云ふに随て引上げつ。

其の後、「早く云へ」と責るに、狐、登にければ、菩提心を忽に忘て、「云はずして逃なむ」と思ふ心付ぬ。其の心を見て、仙人、忽に降魔の相に成て、釼・鉾を以て責るに、狐、上件の事を語る。仙人、此の事を聞て、慈悲の心を発して、狐を讃(ほめ)て云く、「汝ぢ、一念の菩提心を発せるに依て、命終して後、釈迦仏の御世に、菩薩と成て、二の名を得べし。一は大弁才天と云ふ。二は堅牢地神と云ふべし。八万四千の鬼神を仕卒(つかひもの)として、一切衆生に福を授くべし」と云て、掻消つ様に失ぬ。

其の時の仙人と云は、今の文殊、此れ也。其の時の狐と云は、今の堅牢地神、此れ也。此の菩薩は、身の長は千丈也。八の手有り。二は、合掌したり。六は、鎰(かぎ)・鋤(くは)・鎌(かま)・鉏(すき)等を取て、一切衆生に五穀を造らしめて、福を与ふる也。九億四千1)の鬼神を仕へり。

然れば、一念の菩提心、不可思議也。世間に「狐は虎の威を借る」と云ふ事は、此れを云ふぞ語り伝へたるとや。

1)
底本頭注「四千一本九千ニ作ル」
text/k_konjaku/k_konjaku5-21.txt · 最終更新: 2016/09/25 15:46 by Satoshi Nakagawa
CC Attribution-Share Alike 4.0 International
Recent changes RSS feed Driven by DokuWiki

yatanavi.org ©2004-2017 Satoshi Nakagawa